「自転車に乗ってどこまでも遠くに行きたい!」

そんな風に思ったことはありませんか?

ロードバイクの魅力の原点ともいえるのがロングライドです。

長距離を走りきった時の達成感は格別です。

初めてロードバイクを買ったばかりの方は、30kmでもロングライドだと思いますが

実際に走ってみるとあっという間です。

これから始める初心者さんは、100kmを目標にするとよいでしょう。

なぜなら、速く走らなくても、ペース配分を考え

補給と休憩をしながら、仲間といっしょに走ることで

体力に自信がなくても走りきることができるからです。

そう、100kmは誰でも走ることができるのです。

もちろん、しっかり準備することは大事ですが、特別なトレーニングを

する必要はありません。

はじめは「100kmなんてとても走れない。」と思うかもしれませんが

1度走ってしまえば、もっと遠くまで行きたくなるものです。

100km走れるようになると世界が変わります!

通勤や通学では、いつも同じ風景の中を走るので単調になりがちですが、長距離を

走れば、いろいろな景色を楽しむことができます。登りや下りがあったり、

風向きが変わったり、空気の香りが変わったりと、五感で自然を感じることができます。

イベントに参加してみよう

個人でロングライドを楽しむのも良いですが、

せっかくなら楽しい時間をたくさんの方と共有するのも魅力です。

近年の自転車ブームで大小いくつものロングライドイベントが日本各地で開催されています。

それぞれのイベントには特色があり、距離設定も様々です。

自分の体力や経験に合わせて選べば無理なく楽しむ事ができます。

ロングライドに慣れている方は100km以上のイベント

初心者さんは50km~80kmほどのイベントから参加するのがオススメです。

フランスやイタリアなど、海外のロングライドイベントに参加される方も多く、

私もいつか参加したいなと思っています。

センチュリーライド

センチュリーの名の通り、100マイル(160km)を走ります。

快適に走れるコース設定が多く、初心者でも気軽に参加できます。

グランフォンド

ロングライドイベントの中でも、長距離であり、ヒルクライムを

盛り込むことで獲得標高が大きいのが特徴です。

ブルベ

指定されたルートを通り、チェックポイントを通過しながら走ります。

1000kmを超えるものもあり、最も長距離に設定されることが多いです。

夜通し走る耐久力と装備が必要になります。

上記のようなロングライドイベントでは必要なアイテムがたくさんあります。

自分のロードバイクに合わせて一つ一つそろえていくのも楽しみの1つです。

安全のためのヘルメットやライト、どんな季節でも快適にライドするための

サイクルウェアやボトルゲージなど、いろいろなアイテムもロードバイクのカラーに合わせて

トータルコーディネートをしていくと楽しさがアップします。

さらに、かなりお金はかかってしましますが、より快適に走るためにはホイールやコンポーネントを

アップグレードして走行性能をアップさせたりハンドルやサドルを快適なものにしたりすることも

オススメです。

自分に合ったパーツを組み合わせて世界に1台の相棒とロングライドに出かけたいですね!